<< シャルトルでの食事 | main | レストラン「GRANNIE」 >>
2011.05.16 Monday

シャルトル大聖堂

0



    パリから約100Km南西へ・・・
    シャルトル大聖堂へ行って来ました



    chartres-9
    シャルトルに着く前に見える教会(高速を出てすぐ)

    chartres-13
    正面に行ってみると教会主要部分を修復中・・・(T_T)

    chartres-12
    左右違う時期に造られた尖塔部分

    chartres-17
    教会に入り左右にあるステンドグラスの一つ

    chartres-14
    ここのステンドグラスはブルーが有名

    chartres-15

    chartres-18
    祭壇の周りにはキリストの生涯を描いた彫刻が・・・
    素晴らしい芸術作品!

    chartres-19
    古い街なので、この様な路地が一杯

    chartres-20
    街の周りには堀が造られています

    chartres-21
    のどかな風景・・・




    ※豆知識・・・シャルトル(Chartres)

    古くから司教座がおかれた古市であり、市中央部にあるノートルダム大聖堂
    はゴシック建築の傑作として知られる。
    右の塔は建設された時代の違いにより異なった建築様式になっている。
    ファサードのバラ窓や、キリストの家系図を表した側廊のステンドグラス
    「エッサイの根」は、「シャルトルの青」といわれる青みのある
    ステンドグラスで、13世紀のステンドグラスの極点として知られる。
    アンリ4世は歴代の王のうち、唯一ランスではなくシャルトル大聖堂で
    戴冠式を挙げた。
    大聖堂は、1979年にユネスコの世界遺産に登録された。






    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック