2012.01.02 Monday

ランスのホテル

0
     
    今回、ランスの隣町にあるシャトーホテル・チェーンの
    L'ASSIETTE CHAMPENOISE -A.LALLEMENT-
    と言うホテルに泊まってみました





    reims-13
    入口
    40, Av. Paul-Vaillant-Couturier 51430 TINQUEUX
    Tel. 03.2684.6464

    reims-14
    昔の貴族の邸宅を現代風に改装してありました

    reims-15
    フロント

    reims-16
    お庭に回るとテラスが・・・

    reims-17
    室内プールまで!

    reims-18
    夕食のレストランはシックな内装

    reims-19
    前菜は鳥肉とムース

    reims-20
    カニの柚子和え(美味でした!)

    reims-21
    すずきのムース和え

    reims-22
    アプリコットのムース
    (ここからデザート開始!)

    reims-23
    チョコレート・ムースのデザート

    reims-24
    キャラメルのアイス

    そして、場所をバーに移し、
    食後酒はマール・ド・シャンパーニュを飲んで
    ほろ酔い気分で就寝・・・




    今回いただいたメニューは
    Menu Gout・・・138ユーロ
    Menu Saveur・・・158ユーロ

    最近、こちらでも流行っている柚子を使ったりして、
    若いイケメン・シェフの想像力逞しい美味しい料理でした。

    正月ですし、シャンペンと食事三昧の2日間を堪能しました・・・




    2012.01.02 Monday

    ランスの街

    0
       
      正月休暇を利用してシャンパーニュ地方にある
      ランス(REIMS)の街に行って来ました




      reims-1
      ノートルダム大聖堂
      歴代のフランス国王が戴冠式を行った教会

      reims-3
      第一次世界大戦でかなりの部分を破壊されましたが
      20世紀初めに大修復工事が行われています

      reims-2
      正面
      ゴチック最盛期の素晴らしい彫刻

      reims-4
      大聖堂の隣にあるトー宮殿(宝物殿)から

      reims-8
      正面にあるステンドグラス

      reims-5
      祭壇

      reims-7
      教会の一番奥にあるシャガールのステンドグラス
      (シャガール・ブルーと言われています)

      reims-6
      この時期だけかも知れませんが、キリスト誕生の様子

      reims-9
      大聖堂のすぐ横にある観光案内所(OFFICE DE TOURISME)

      reims-10
      大聖堂と溶け込んだ雰囲気のある入口

      reims-11
      市内にあるフジタ礼拝堂(CHAPELLE FOUJITA)
      残念ながらこの時期は閉館していました
      (5月2日〜10月31日/14H-18H)

      reims-12
      近年、ここに藤田画伯の墓がここに改葬され、
      現在は君代夫人と共に眠っています




      ※・・・豆知識「ランス(REIMS)」
      フランス北部シャンパーニュ=アルデンヌ地域圏マルヌ県の郡及び市。
      人口約20万。シャンパーニュ=アルデンヌ地域圏最大の都市である。
      かつてフランス国王の聖別
      戴冠式が行われたノートルダム大聖堂が所在する。
      『戴冠の都市』(«la cité des sacres »)または『王たちの都市』
      (« la cité des rois »)とも呼ばれる。
      シャンパン醸造の一大中心地。




      2011.05.24 Tuesday

      シャンティーイ

      0




        シャンティーイ・クリーム発祥の地「CHANTILLY」
        立派なお城と有名な競馬場があります!
        そして、この街は高級別荘地にもなっています



        chantilly-2
        水に囲まれた美しいお城「シャンティーイ城」

        chantilly-3
        コンデ公爵が贅を尽くしたお城として有名

        chantilly-1
        戦いを考えていない、遊び(猟など)をする為のお城

        chantilly-4
        裏側にも写真スポットがあります

        chantilly-5
        なんとロマンチック!!

        chantilly-6
        周りは広大な森

        chantilly-8
        厩舎の大きさも桁外れ!!(現在は馬の博物館)

        chantilly-13
        今日は何か催し物が・・・

        chantilly-9
        何気ない所も芸術作品になっている

        chantilly-10
        6月17、18日は花火大会!

        chantilly-11
        裏側の入口(狩りを表した彫刻が施されています)

        chantilly-7
        オルレアン公

        chantilly-12
        横にある競馬場

        chantilly-14
        フランス競馬発祥の地でもあります



        パリからちょっと離れるだけでヴェルサイユ宮殿や
        ここシャンティーイ城などがあり、
        「すごく環境に恵まれているなぁ〜!」と実感します。
        サンリスからパリに戻る途中にシャンティーイがあります。
        たまの息抜きには本当にいい所ですね!




        ※・・・シャンティーイ競馬場
        1834年5月15日に初の競走が行われており、フランスの競馬場の中でも
        最古のものと位置づけられている。
        主なレースは、
        ジョッケクルブ賞(フランスダービー)や
        ディアヌ賞(フランスオークス)

        ※・・・シャンティーイ・クリーム
        泡立てた生クリーム。
        また、それを用いたソース・料理・菓子などの名に付けたりもする。
        フランスのシャンティイ城で考案されたことに由来する。

        ※・・・シャンティーイ城
        コンデ美術館「Musee Conde」があり、コンデ公爵が収集した、
        品よく、小粒で秀逸といわれる有名な美術コレクションがあります。
        ラファエロ、ドラクロワ、クールエなどの作品があり、
        個人コレクションとしては欧州では非常に有名。
         


        2011.05.24 Tuesday

        中世の街「サンリス-SENLIS-」

        0

           

          シャルル・ド・ゴール空港から北に高速を走らせると
          15分位で行く事が出来る中世の街に行きました



          senlis-2
          12世紀初めに建立されたノートルダム大聖堂

          senlis-3 
          南側から

          senlis-1
          正面は現在修復中

          senlis-4
          裏側から見る大聖堂

          senlis-5
          歴史を感じさせる立派な教会です!

          senlis-7
          祭壇には飾り付けがされていました

          senlis-6
          正面入口の上にあるパイプオルガンのパイプ

          senlis-8
          ステンドグラス

          senlis-9


          senlis-11
          ここは城壁に囲まれた古い街をそのまま残しています

          senlis-12
          昔馬車が通った石畳の上を今は車が・・・

          senlis-13
          皆、家の中を改装して使っているんでしょうね・・・?

          senlis-14
          骨董品屋さんが!

          senlis-10
          大聖堂の裏側にも崩れかけた教会がありました



          ※ 豆知識・・・サンリス(SENLIS)
          フランス、ピカルディ地域圏、オワーズ県のコミューン。
          パリの約65キロ北にある。
          中世には王たちの住居が置かれ、長い歴史に伴う豊富な遺産と
          多くの美術館がある。大聖堂のある旧市街には、ガロ=ローマ時代や
          中世の城壁に囲まれた狭い通りと古い家屋が並ぶ。
          紀元前3世紀ごろに、フランク族の侵入に対抗するために、
          この街は市壁によって囲まれた。
            カペー朝でのサンリスは王立都市となり、ユーグ・カペーから
          シャルル10世までのフランス王たちの居住地となった。


          2011.05.16 Monday

          シャルトル大聖堂

          0



            パリから約100Km南西へ・・・
            シャルトル大聖堂へ行って来ました



            chartres-9
            シャルトルに着く前に見える教会(高速を出てすぐ)

            chartres-13
            正面に行ってみると教会主要部分を修復中・・・(T_T)

            chartres-12
            左右違う時期に造られた尖塔部分

            chartres-17
            教会に入り左右にあるステンドグラスの一つ

            chartres-14
            ここのステンドグラスはブルーが有名

            chartres-15

            chartres-18
            祭壇の周りにはキリストの生涯を描いた彫刻が・・・
            素晴らしい芸術作品!

            chartres-19
            古い街なので、この様な路地が一杯

            chartres-20
            街の周りには堀が造られています

            chartres-21
            のどかな風景・・・




            ※豆知識・・・シャルトル(Chartres)

            古くから司教座がおかれた古市であり、市中央部にあるノートルダム大聖堂
            はゴシック建築の傑作として知られる。
            右の塔は建設された時代の違いにより異なった建築様式になっている。
            ファサードのバラ窓や、キリストの家系図を表した側廊のステンドグラス
            「エッサイの根」は、「シャルトルの青」といわれる青みのある
            ステンドグラスで、13世紀のステンドグラスの極点として知られる。
            アンリ4世は歴代の王のうち、唯一ランスではなくシャルトル大聖堂で
            戴冠式を挙げた。
            大聖堂は、1979年にユネスコの世界遺産に登録された。






            2011.04.25 Monday

            ベルサイユ宮殿と庭園・2

            0



              車を宮殿正面に置いて、それから歩きっぱなし!
              お庭を周り、宮殿に戻って来た頃にはかなりヘトヘト・・・



              versailles-28
              今日は噴水も出ていないので、ちょっと寂しい感じ
              (後ろの階段を登ったら宮殿!)

              versailles-23
              全部カメラに入らない!
              (正面2階部分が有名なガラスの間)

              versailles-27
              噴水の周りには彫刻がいっぱい

              versailles-26

              versailles-25

              versailles-24

              versailles-22
              ここだけお花を植えていました
              これから全てのフランス庭園が花で一杯になります!

              versailles-21
              最初からこれを利用すれば良かったかな・・・?

              versailles-20
              ルイ16世とマリー・アントワネットが式を挙げた教会

              versailles-19
              知らなかったけど、宮殿のすぐ近くに門が出来ていた!
              (ルイ14世の頃にはあったらしいが・・・)

              versailles-18
              ルイ王家の紋章である「ゆりの花」

              versailles-17
              その下にはこんなのがあってビックリ・・・!

              versailles-16
              昔は宮殿の近くにあったルイ14世の騎馬像が
              門の外に出ていて、これまたビックリ!

              versailles-15




              暫く振りにやって来たけど、宮殿の外部が随分変わって
              来ているのに驚かされた。

              庭園内もゴルフカートみたいな車をレンタルしてで回れるし・・・。
              子供達が小さい頃良くここでピクニックをしたり、
              自転車に乗って遊ばせた事を思い出しました。



              2011.04.25 Monday

              ベルサイユ宮殿と庭園・1

              0

                 

                お天気も良く、ベルサイユまでドライブ・・・。
                お昼を宮殿脇のレストランで取り、
                歩いてお庭に入りました。



                versailles-12
                シンデレラの物語のモデルになったと言われる教会
                この教会は45分に鐘がなります
                (シンデレラはこの教会の鐘の音を聞いて、慌てて帰ろうとしたんですね!)

                versailles-13
                ヴェルサイユ出身のHOCHE将軍の像と大きなマロニエの木

                versailles-14
                赤い花と白い花のマロニエの木が隣同士

                versailles-11
                庭園の横にある入口から入りました。(歩いて入るのは無料)
                そうすると、すぐに広大な牧場が・・・

                versailles-10
                羊も飼われています

                versailles-9
                少し歩くと、プチ・トリアノン
                (マリー・アントワネットが愛した別邸)

                versailles-8
                今日はお休みなので、中には入れませんでした

                versailles-7
                すぐ隣に「アンジェリーナ」の出店も・・・(知らなかった!)

                versailles-6
                こちらは「グラン・トリアノン」
                昔、ベルサイユ・サミットでここに各国首脳が泊まったそうです

                versailles-5
                庭園の中にはあちらこちらにオレンジジュースのスタンドがあり、
                オレンジを簡単か機械で絞って出してくれます

                versailles-4
                グラン・トリアノンから運河に向かう並木道

                versailles-3
                運河に出ると、ボート乗り場が・・・

                versailles-2
                このボート乗り場に白鳥が巣を作っていた!

                versailles-1
                ちょっと小高くなった所から運河を見渡しました



                とにかく凄い人!
                今日は祭日とは言え、ベルサイユ宮殿はお休みなのです。
                しかし、お庭は一般に公開しているので家族連れで
                にぎわっていました




                2011.04.11 Monday

                オヴェール・シュル・オワーズ(Auvers-sur-Oise)・その2

                0

                   

                  なんと、月・火とお休み!!

                  どうりで人が少ないハズだ。
                  何も考えず、ただここで食事をするつもりだったのだが・・・

                  近所のビストロで食事をして、お散歩です



                  auvers-10
                  ここの小さな1部屋で生活していたそうだ
                  現在は下はレストランで裏側からアパートを見学出来ます

                  auvers-11

                  auvers-12
                  当時もビストロだったんですね

                  auvers-13
                  アパートの真ん前に市役所が・・・

                  auvers-14
                  ここもしっかり描いてますね!

                  auvers-15
                  国鉄も通っています(まるで無人駅!)

                  auvers-16
                  この駅の地下道には可愛い壁画が・・・!!



                  auvers-17
                  この街の名前にも付いているオワーズ河

                  auvers-18
                  船上生活者も・・・

                  auvers-19
                  河沿いはさんぽ道になっていました

                  auvers-20
                  県道にある標識(ゴッホの街ってすぐわかる)



                  食事はゴッホの家で出来なかったけど、
                  お天気も良く、久し振りにのんびりしたお休みでした・・・




                  2011.04.11 Monday

                  オヴェール・シュル・オワーズ(Auvers-sur-Oise)・その1

                  0



                    パリ近郊にあるゴッホのお墓を訪ねました


                    auvers-8
                    お墓の入り口・・・なんだかゴッホのお墓があるのに寂しい

                    auvers-10
                    誰もいない・・・(奥の白いお墓がゴッホ兄弟の墓)

                    auvers-9
                    弟のテオドールのお墓が右

                    auvers-7
                    お墓の周りは畑。今は菜の花や麦だけど夏になると「ひまわり」。
                    (ここで有名なひまわりの絵も描かれている)

                    auvers-1
                    この教会も有名!

                    auvers-2

                    auvers-3
                    この絵です!

                    auvers-4
                    正面から・・・

                    auvers-5
                    中にも入ってみました(本当に誰もいない!)

                    auvers-6
                    かわいいステンドグラスも・・・


                    これでひとまず休憩
                    ゴッホの家に向かい昼食を取るつもりでーす




                    ※豆知識・・・オヴェール・シュル・オワーズ(Auvers-sur-Oise)
                    ドービニー、セザンヌ、コロー、ピサロ、ゴッホらが、
                    この村へと着想を得るために赴いた。
                    とりわけ、ゴッホはこの地で70点もの作品を描いた。
                    また、この村はゴッホが最期を迎えた地でもある。





                    2011.03.21 Monday

                    サンジェルマン・アン・レー

                    0


                      東北関東大震災の被災地の皆様へ
                      心よりお見舞い申し上げます

                      震災後はこちらに住んでいましても
                      ユーストリームばかり見て、写真を撮りに
                      出掛けるのも億劫になっていました。
                      でも、今日は天気が良くなったのでパリの西郊外にある街
                      「サンジェルマン・アン・レーSaint-Germain-en-Laye)
                      へ気分転換に行って来ました。


                      laye-4
                      このお城はルイ14世がヴェルサイユに移る前までの王の居城

                      laye-5
                      ロワール河周辺のお城とは違い、お堀をつくっています

                      laye-8
                      チャペルにはステンドグラスが・・・

                      laye-6
                      一部は国立考古学博物館として使われています

                      laye-3
                      学生が多い街で、空いた時間にここで日光浴兼予習かな?

                      laye-1
                      小高くなっているので、パリやデファンス方面が見渡せます(下はセーヌ河)
                      正面右の丘の向こうにエッフェル塔の先端がうっすら・・・

                      laye-2
                      広大な森が続いています(中には有名なゴルフ場も!)

                      statut-2
                      古い石像が・・・(女神の肩に乗っているのはルイ14世?)

                      laye-7
                      昔、狩りに出掛けていた道が今は道路になっています
                      きれいに刈られた並木に、新芽が出始めて赤っぽくなって来ました

                      henri4-2
                      ルイ14世が生まれた「パビヨン・アンリ4世」(現在はホテル)


                      henri4-3

                      美味しいレストランもあって、テラスからはパリ方向が一望出来ます


                      henri4-1
                      ホテルの横にはゆりかごが描かれています

                      cerise-1
                      この周辺はパリ郊外の高級住宅地になっていて
                      立派なアパートや屋敷がいっぱい!
                      帰りにかわいい桜の木を見つけたのでパチリ・・・


                      天気も良く、塞いだ気分がちょっと楽になりました。
                      そして、日本もこれ以上の被害が出ない様、心より願っています。




                      ※ 豆知識・・・「Saint Germain-en-Laye」

                      パリの北西約21キロ。
                      五角形の古城と広大なイギリス庭園で知られる、
                      歴代フランス国王の居城がある。
                      パリやセーヌ河を一望出来る台地にあり、
                      作曲家「クロード・ドビュッシー」生誕の地としても有名。
                      また、パリ郊外では随一の高級住宅街だとされている。





                      Calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << November 2019 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM